ロービジョンエイドへの思い  レーザ網膜投影の見え方  体験談  よくある質問  製品情報  全国の体験スポット

​RETISSA Display II

「見える」の新しいかたち

これまでとは一味違う「見える」を。
最新の網膜走査型レーザアイウェア、ついに登場。

​RETISSA Display II

「見える」の新しいかたち

これまでとは一味違う「見える」を。
最新の網膜走査型レーザアイウェア、ついに登場。

ロービジョンエイドへの思い

 弊社は”人の可能性を照らせ”という理念のもとに、成長を続ける最先端の半導体レーザ企業です。革新的で高信頼の当社製品を活用頂くことによって、みなさまの生活を安全で豊かなものにし、世界の幸福と平和に貢献することを目指しております。

 レーザ網膜投影技術を弱視者支援に活用することにした背景には、世界で2.5億人、日本で145万人に上る弱視者の数がありました。弊社は、これまでに臨床眼科学会、眼鏡店、盲学校など、弱視者と共にある多くの方々のお力添えをいただきましたが、私たちの共通の思いは「ロービジョン者のQOLを高める」ことです。

 また、人の眼の寿命は70年と言われており。高齢になれば見えにくさが大きな課題になると予想されます。今後この技術は、眼科医療検査・検診、作業支援等への応用を経て、一般消費者向けウェアラブル情報端末として世界的に普及していきます。レーザ網膜投影技術を広めていくことは、新しい価値を生み出すことだと考えています。

レーザ網膜投影の見え方への効果

瞳孔を通った弱い三色(赤青緑)のレーザビームで、網膜にカラーの画像を投影することができます。細いレーザビームを高速で走査します。いわば、網膜をスクリーンとしたレーザプロジェクターです。

眼球前部の機能をスキップできます。ピントを合わせる機能を担っている、眼球の前部にある水晶体ですが、レーザ網膜投影技術を使うと、その機能を使わずにピントの合った画像を見ることができます。矯正眼鏡やコンタクトレンズを使ったり、目を凝らしたりすることなく、くっきりした画像を見られます。

網膜の広い範囲にレーザを投影することができます。必要に応じて網膜の最適な部分を選んで投影することができます。網膜の最適な部分は、同じ技術を応用した検査機器で正確に知ることが可能になります(開発中です)。

レーザ網膜投影技術を使ったレティッサディスプレイとレティッサメディカルは眼鏡型で、コントロールボックスには充電式の電源を内蔵しているので、両手を自由に使え、PCの操作などと共に使用することもできます。

体験者様の声

両眼で物を見る練習をしています。

自分の部屋に好きな絵をかけてあるのですが、今までは左眼で見ると背景も人物もぼやけていました。RD2+RD2CAMをかけて、絵を見ながら少しづつ調整していって、完全に見えた時、とても感動しました。泣きはしませんでしたが「この絵ってこんなに綺麗だったんだ…」としばらく座ったまま見ていました。最初にこれをかけた日は、左眼が見えることに興奮して、深夜1時まで眠れませんでした。

荒金あやか様(20代/大学院1年生)
先天性弱視
右眼:0.6 眼鏡矯正視力 1.0
左眼:0.2~0.3(n.c.矯正不能)

実技の指導に活かせます。

RSCを使うと、生徒の手技を見て、必要があれば手の部分を拡大して、リアルタイムで指導することができたので、私にはいいなと思いました。よく見えて面白いので、手の動きを拡大してずっと見ていました。少し酔ってしまったほどです。慣れも必要かもしれません。屋上に上がって、景色も見ました。その時は長く眺めていても酔ったりしませんでした。横浜のランドマークタワーが見えましたし、近くの建物の窓枠も見えました。

吉木様(50代/盲学校教諭)
緑内障
右眼:0.02  
左眼:明るさを感じる程度

子供と一緒に動物を見て楽しみたいです!

見え方がスマホのカメラよりもいいので、たとえば旅行先で遠くを見るとか、景色をみんなと共有するとか、水族館や動物園で動いている生き物を見るなどというニーズがあると思います。私の子供はまだ小さいので、動物園などで生き物を見ることを一緒に楽しめたらいいなと思いました。

岡島様(50歳/盲学校教員)
角膜混濁(スティーブンス・ジョンソン症候群)

*個人の感想であり効果・効能を示すものではありません

よくある質問

スマートグラスの一種です。網膜走査型レーザアイウェアは、画像の重ね合わせが自然に出来る特徴を持っています。
はい、受けられます。詳しくご説明差し上げますので、retissa@qdlaser.comまでご連絡ください。
拡大や文字カラーの変更だけではなく、文字や映像をよりクリアーにくっきり見える可能性があります。
安全性には十分に配慮しております。レーザーの国際規格で、クラス1相当の基準の非常に微弱なレーザーを使用しております。 蛍光灯の光より弱い出力のレーザー光となっております。
体験スポットへ予約を入れての無料体験かわかさ生活レンタル(有料)をお試しください。
メガネは外して使用していただきます。 コンタクトレンズは、装用中でも外しても使用していただけます。
はい、晴眼者方も使っていただく事が出来ます。
見え方には個人差が大きいですが、この機器を使って、本が読める。人の顔が見える。方もおられます。
医療機器ではございません。
治療機器ではございません。
眼鏡型のモデルは、12歳以上の方を対象としております。
全国の盲学校すべてに弊社のRETISSA DisplayⅡが置いてあるわけではございませんが、 多くの盲学校で、体験いただける機器がありますので、個別に問い合わせを頂けますでしょうか。
屋外で使用される際は、止まって使ってください。歩行は禁止事項となっております。 白杖を使用し歩行しながらの使用は出来ません。
医療機器ではありませんので、ご自身で判断していただき体験していただく事が出来ます。 未成年の方は、保護者の監督下での判断してください。

RETISSA Display II + RD2CAM

これまでとは一味違う「見える」を。最新の網膜走査型レーザアイウェア、ついに登場。

RETISSA体験SPOT

「見える。を増やす」を合言葉に、網膜投影技術VISIRIUMテクノロジによる新しい見え方を体験いただける場所です。(ご注文も可能です)今後も随時拡大してまいります。

下記のRETISSA体験SPOTにおいて、「RETISSA Display II」の常設デモと販売を実施しています。混雑緩和のためご体験は予約制としておりますので、各店舗にご連絡の上お越しください。

なお、営業時間等が通常と異なる店舗や休業中の店舗がありますことをご了承ください。